木工制作

小物箪笥失敗テンコ盛りのこと

投稿日:

いきなりで恐縮ですが、これが失敗その1です。

向かって左側の帆立(左の壁を構成する縦方向の板ってことね)ですが、右側に4個のホゾ穴がありますよね。その裏側から棚板を差し込むんですが、最初のホゾ合わせの時、ちょっときついかなあって思いながらハンマーで軽く叩いた結果、縦方向に割れが入ってしまいました。大入れの溝と板厚、ホゾ穴とホゾは、理想的には同じ寸法で仕上げ、雄側を木殺しして差すっていうのは、理論的には解っているんですが、実際にはなかなか上手くいかないものです。

矧ぎ面から5mm~12mm程離れた位置なんですが、ある程度危険を察知していながらやってしまいました。

蝶チギリで対処しますが、チギリの切り出しにはJIGが要りますし、埋め込みの掘りも結構手間が掛かります。永いことやっていない加工なんで、精度が心配です。

蝶チギリの大きさをなるべく小さくしたかったので、4mmのBITを買っておいて良かったです。手持ちの6mmでは無理でした。BITは最近このブランドに嵌っています。値段は普通のBITの倍ぐらいしますが、切れ味抜群です。削り屑を見れば切れ味の良さがはっきりわかります。

2つ目の失敗です。下部の9杯の引き出しを仕込む区画の上下の横板は、帆立に3mmの大入れと4枚の貫通ホゾっていう構成なんですが、その大入れの溝加工での考えられない失敗です。

写真を見てください。6mmのスパイラルBIT用のガイドフェンスのセットを間違えています。墨線にガイドフェンス(赤い文字が書いてある方)を合わせて加工するんですが、そのガイドフェンス側をクランプして本来はクランプ側の板を墨線に合わせています。8cm程掘り進んだところで異変に気付きましたが時すでに遅し。

何とも馬鹿馬鹿しい失敗ではありますが、やってしまったものは仕方ありません。

って言ってるのは今だからこそです。その瞬間は両方の耳から煙が出てくるかと思いました。

え?どうするんだって?ちょっと回復法(誤魔化し方ともいう)が思いつかないんで、完成までに何とか方法を考えます。作り直し?そんなことしません。

これは失敗っていうか、かなり重篤な懸念材料です。向かって左側の帆立に、中段の棚板を仮に差し込んでいます。両端の部分が所定の位置まで差し込まれた状態で、中央部分はまだ1mm程浮いています。

つまり、帆立の板が内側になる方向に4mm程曲がって(大入れの溝の深さは3mm)るって事なんです。

帆立の板幅は24cmなので、懐が12cmの締め具が必要ですが、そんなものどこにもありません。

今回の板材は全て12cmの2枚矧ぎになっていますが、矧ぎあわせ前に反りを取り、矧ぎあわせ後にも反りを取って仕上げました。その過程で厚さが11mmから9mmまで薄くなったんですが、仕上げ後に更に反りが出たって事です。どちら側に反りが出るかは、なかなか予見しにくいので、反りが出始めた段階で加工に入る程度の慎重さが要るんでしょうね。

こういう事態はある程度覚悟はしていました。親爺の代に仕入れて40年ほど倉庫に寝かせてあった板材を使うっていうような芸当が出来れば別ですが、零細かつ貧乏な黒工房には夢のまた夢でしかありません。

上手く組み上げる為には板を反対側に反らせる必要があるんですが、そんなこと出来るんだろうか?

失敗その4です。2枚の帆立のうち右側の一番上の溝中央に穴が開いています。この部分のホゾは貫通ホゾじゃないんです。両サイドのホゾ穴は角鑿機で開けられますが、中央部には角鑿機が届かないので手加工でホゾ穴を掘ります。その時7mmのドリルで穴を開けてから鑿を使うのがOYA-G流の省エネ工法なんですね。板厚9mmに対して穴の深さは6mmなんで、ドリルを使う時かなり繊細なタッチが必要なのに、何にも考えないで(多分他の事を考えていたと思う)やった結果ドリル穴が貫通しちゃったんです。

ここも蝶チギリで隠しますが、最初の失敗の蝶チギリでは小さすぎて穴が隠れてくれません。という事は新しく治具を作り直す必要があります。 はあ~~。

失敗その5です。

見ての通り、大入れに隙間があります。その上帆立側に何か所も溝際のめくれが起きています。

最初のホゾ合わせの時、この部分の雄側の木殺しを忘れて差し込もうとし、溝幅が若干狭かったのを無理に差し込もうとして起きたかと推測されます。(他人事みたいな言い方でスンマセン)

つまり、雄側が溝に入ろうとして溝の角を抑え込んでしまうため、角の部分が圧迫されてダメージを受け、抜くときにダメージを受けた部分が表側に引っ張られてめくれたんですねえ。

更に溝幅を広げようとして雑に加工したために、必要以上に溝幅が広くなって隙間が空いたっていう、何とも間抜けな失敗でございます。

こうなると、この帆立は最初から作り直した方が良いんですが、度重なる失敗に心が折れてその気力が湧きません。パテ埋めで誤魔化します。(何という事でしょう、自分で見ても解らないぐらい綺麗にパテ埋め出来ました。)

失敗は他にもあるんですが、長くなりすぎるので「完成・納品編」で告白しましょうね~~~。

つづく。

 

-木工制作

Copyright© , 2021 AllRights Reserved.