カナディアンカヌー

カナディアンカヌー その7

投稿日:

これは4月12日の画像です。例によってMDD君に助っ人を頼んで内側の布着せに掛かりました。

1回目のFRP塗装につづいて、2回目のFRPホットコート塗装です。塗料にワックスを混ぜて酸素を遮断し、完全硬化させます。

 

研磨開始です。サンダーが使いにくいので手作業で開始しましたが、1時間必死で研磨しても船底からシアラインにかけて(つまり半分ね)80センチぐらいしか研磨できません。

あらかじめ予想はしていたんですが、ここから研磨地獄が始まりました。

内側のカーブを研磨するのに役立つだろうと準備しておいた、アールの付いたサンダーのベースですが、これに普通のサンペを付けても使い物になりません。船体のカーブに完全には合わないので、サンダーが跳ねて上手くいきませんでした。

そこで、スポンジ付きのサンペを両面テープで貼り付けて使用しますが、切削屑が熱でサンペに着いてしまいます。

サンペの消耗が激しく、20枚セットを購入しましたが残ったのは4枚です。

サンダーが使えるからって楽になる訳じゃあ無いんです。1時間で1.5mが限界です。それ以上やると振動で右手がジンジンして耐えられませなんだ。

研磨地獄を延々とやっていてもつまらないんで、この辺でやめておきますが、4月12日にFRP塗装して、研磨が終了したのは5月2日。つまり3週間掛かったという事でご推察願いたい。 です。

その間にパドルの削りが終わりました。全て手鉋による整形です。主として使ったのは反り鉋と南京鉋です。チェリーじゃなくてもう少し柔らかい材にして、FRP樹脂で仕上げるのが合理的だと思いました。

 

-カナディアンカヌー

Copyright© , 2022 AllRights Reserved.