木工制作

什器備品類に淫する

投稿日:

MDD君が受けてきた花屋さんの陳列什器、材は私の嫌いな2X材です。しかも、オイラの趣味は家具製作なんであって什器備品は作りたくないって口を酸っぱくして言ってあるのに、記憶力が悪いのか、それともオイラの主張を鼻で笑ってるのか、たびたびこういう物を受注してくれます。

400X1400X700のテーブル4台。2台づつ上下に重ねて、鉢植えの花なんぞを置くんですと。

こっちは幅1200、高さ1800の衝立。別に幅900のがあって、合計2700幅にし、園芸用のスコップやらなにやらの道具類を掛けて陳列するそうです。

MDD君が休みの日曜日に、2人で作業したんですが、2人でやると疲れるんです。機械は主としてオイラが使い、MDD君は向こう持ちをするんですが、送った材がすぐに帰ってくるので作業テンポが速く、息を入れる暇がないからでしょうね。

完成品をステップワゴンに積み込んで、大阪は御堂筋方面に旅立っていきました。

くどい様だけど、オイラの趣味は家具製作なんだからね、その辺誤解のないようにお願いしたい。

御堂筋で納品を済ませたMDD君が写真を送ってくれました。

屋外用です。

こっちの2台は店内に。

衝立にもグリーンが。 なかなか良いんじゃない?

そうこうしていたら、お盆の墓参りに行った寺の住職がこんなものを依頼してきました。

本堂の須弥壇のお供え物やお灯明をケアする時に使う踏み台です。

近郷では大刹に数えられる法華のお寺さんです。世良公則のおじいちゃんが和尚さんだった寺でもあります。

上の写真は2Xでサクッと作ったダミー。踏み段の高さや幅を決める役目です。

9本足にしてほぼ完成。何かにつけて大ぶりな調度の本堂の中で、みすぼらしくならない様に、踏み台としては頑強な作りにしました。

サイド側から。 鏡板が7枚もあるので相応に手間が掛かってます。

塗装して納品し、ダミーを解体してこの什器備品地獄から解放されたいです。

次は「うたちゃんの食卓椅子」に掛かるんですが、既に納期遅れしており、まだ細部の構想がまとまっていないのに、一体どうするんだろう???

-木工制作

Copyright© , 2020 AllRights Reserved.